整理HACKS! を読んで

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣

 を購入して読んでいて、Evernoteか何かにメモをしようと思ったんですが、参考になる部分が多いので、せっかくなので共有のためにブログとして書くことにしました。一部を本書から引用します。

  • 1. プリントアウトは容赦なく捨てる

データと印刷された書類を2つ残しておくのはまったくの無駄。打ち合わせ等で使用したあとの印刷物は、速やかに処分しましょう。

(中略)

しかし習慣とは恐ろしいもので、書類が配られるとついつい保管してしまいます。

  • 3. ファイル名は「プロジェクト名 + 書類名 + 作成日にする」 

たとえば「モバイルサイト_予算_20121004.xls」というファイル名

  • 16. 紙の書類はクリアホルダーで時系列管理する 

一覧性、閲覧までの時間効率の面から、現在進行中のプロジェクト「についてはやはり、紙の書類は残しておくほうが効率的な場合もあります。

(中略)

プロジェクトの資料をひとまとめにしてクリアホルダーに放り込み、何の資料かわかるように、右上に日付とプロジェクト名を書き入れます。クリアホルダーなので、外から内容が見えますし、日付とプロジェクト名からも何が入っているのかわかります。

さらにこれを、最近使った資料が手前に来るように並べます。使ったファイルは常に手前に入れるようにし、古いファイルが奥へと押し出されるようにします。こうしていくと、長期間使わないファイルが一番奥へ追いやられます。しばらくしたら、奥に追いやられたファイルから処分していけばいいのです。

  • 17. 100円ノート1冊に情報集約する

同じ時期に並行して何冊もノートを使うことはせず、1冊にすべてのメモを記入するようにしています。そうすることで、あらゆるメモが日付順に並ぶことになり、メモの内容を時系列で管理することができるのです。

時系列管理を徹底するため、まず、ノートの表紙に使い始めた日にちを記載します。こうすることで、いつごろのノートなのか、すぐに把握することができます。

  • 22. 小物を透明ポーチに入れて整理する
  • 59. 掃除でリフレッシュし、集中力を高める

掃除は整理整頓の基本です。掃除をすることで、ゴミや不要物がなくなり、自然と整頓されていきます。掃除なくして整理はありません。

(中略)

なかなか仕事に集中できないとき、そのままボーッとしているのでは、何の改善にもなりません。お昼ごはんを食べすぎたときなどは、食べたものを消化するために血液が胃などに集まっており、集中することがそもそも困難です。そういうときに気分転換として掃除を行うのです。

(中略)

掃除というのは不思議なもので、掃除してそれなりに汚れが取れたり、きれいになっていったりするのを見ると、ちょっとした達成感を得られるんですね。そして、こうした小さな達成感がスイッチになって、仕事への集中力を呼び起こしてくれるのです。

  • 64. アウトプットするときにはひとつのことに集中する

アウトプット作業というのは、頭のなかにある複雑な情報をていねいにつむぎ出す作業です。これは、非常に繊細なプロセスです。

脳のなかの情報は、ニューロンのつながりによって整理されています。新しいアイデアや発想の場合はとくに、まだニューロン同士のつながりがそれほど強いものではないため、ていねいに取り出さないとつながりが失われてしまうのです。 

  • 65. 創造性を高めるためのToDoリストのつくり方

要約:今日やらなければならないことだけを6つ書き出す。

全体的な感想として、とても参考になるものの、通常漢字で書かれることが多い単語がひらがなになっている部分が多すぎます。例えば、「なか(中)」、「つながり(繋がり)」、「ていねい(丁寧)」、「とくに(特に)」、「ひとつ(一つ)」など。文章を読みやすくするためにこうしたんでしょうか?私はこのようにされると逆に読みづらい。文章を長くするためにこうしたと言われればまだ納得できます。

とはいえ、とても良い本でした。ちょくちょく読むと思います。

メニューを閉じる